ボリンジャーバンドとは

ボリンジャーバンドとは、ジョン・ボリンジャーという方が生み出したチャート分析となり、株や為替の勢いを知るための目安となります。

株取引をしている方で、これまでボリンジャーバンドを活用していないという方は、見方を覚えることで取引を有利なものとすることができるので、ぜひ見方を覚えたほうが良いでしょう。

チャートの中にローソク足と呼ばれる値動きを表示しているものがあり、その他に7本のラインが引かれている線がボリンジャーバンドとなります。

一番真ん中の線が移動平均線、その上下の線が±1シグマ、次に±2シグマ、±3シグマと分れています。

株価が±1シグマ内に収まる確率は68.3%、±2シグマ内に収まる確率は95.5%、±3シグマですと99.7%の確率となっています。

これらのボリンジャーバンドの動きにはスクイーズ、エクスパンション、バンドウォークと3つの動きがあります。

まずスクイーズですが、ボリンジャーバンドが狭くなっている時に表現され、値動きが少ない状態に起こりやすいです。一気に上昇か下落する力を溜めている状態とも言われているので、大きなチャンスでもあり、大きなリスクを生じる恐れもあります。

初心者の方はスクイーズの場合は様子を見て取引を行うようにしたほうが良いでしょう。

エクスパンションはボリンジャーバンドが上下に大きく広がった状態のことを言います。

ボリンジャーバンドはスクイーズとエクスパンションを繰り返していくので、エクスパンションが起こった時にはバンドの開き具合を確認して取引を行うかを判断材料とします。

最後にバンドウォークですが、バンドに沿う値動きをバンドウォークと呼びます。

バンドウォークはエクスパンションが起こった時に現れ、株価の上昇、または下降エネルギーが強いと考えられます。

例えば上昇トレンドでバンドウォークが見られた際には、その一つ下のバンドに株価が近づいた際に買いを行う事で、利益を出しやすくなります。

+2シグマに沿って推移している時は、株価が+1シグマ付近に来た時に買う事で、より堅実なトレードが出来る、という事です。

一目均衡表とは

プロからアマまで多くのトレーダーに人気のあるチャート分析指標といえば、一目均衡表です。

株式評論家の細田悟一氏が一目山人というペンネームで発表した指標として有名です。

一目で株価の均衡状態を捉えることができることから、この名前がつきました。

一目均衡表では、基準線、遅行線、転換線、先行スパン1、先行スパン2、雲が表示されます。

基準線は、過去26日間の最高値と最安値の平均値で、相場の大勢を示します。

遅行線は、その日の終値を26日遅らせて表示したものです。

転換線は、過去9日間の最高値と最安値の平均です。

先行スパン1は、基準線と転換線の中値を26日先行させたものです。

先行スパン2は、過去52日間の最高値と最安値の平均を26日先行させたものです。

転換線が基準線を下から上に突き抜けることを好転。

上から下に突き抜けることを逆転といいます。

それぞれ買い転換、売り転換とも呼ばれ、移動平均線でいうゴールデンクロスやデッドクロスと似ています。

雲は抵抗帯とも呼ばれ、先行スパン1と先行スパン2の間に網掛けをして表示される部分のことです。

雲の上にローソク足がある時には相場が強い、下にある時には相場が弱いと判断します。

雲が厚い場合には、過去に多くの売買がその価格帯で行われたことを示し、文字通り、抵抗帯として機能します。

例えば、雲の下で株価が推移している場合には、雲が抵抗帯となり、株価が押し戻されることが多いです。

逆に、雲が厚いにも関わらず、株価が雲を下から上に抜けた場合には、相場が強いことを意味します。

つまり、雲を抜けたことで、トレンド転換の起きたことが分かります。逆もまた然りです。

遅行線が株価を抜いた場合には好転。下回った場合には逆転と判断します。

移動平均線とは

全てのトレーダーが知っているといっても過言ではない指標の1つが、移動平均線です。全員が知っているからこそ、移動平均線についての理解は、トレーダーにとって必要不可欠です。

まず、移動平均線とは、一定期間の終値の平均値をつなぎ合わせ線にしたものです。

一般的にローソク足を見ることが多いですが、移動平均線を使用することで、相場の流れをより把握しやすくなります。

ローソク足では一日一日の株価の動きを知ることができます。

移動平均線では5日間、25日間、75日間と、一定期間内での株価の動きを知ることができます。つまり、ローソク足を俯瞰したものが移動平均線です。

チャート分析では、これらローソク足と移動平均線をセットにして分析することが重要です。

例えば、5日移動平均線では、1日目から5日目の終値の平均を5日目の値とします。

続いて、2日目から6日目の終値の平均を6日目の値とします。

この計算を繰り返し、それぞれの値を線で結びます。そうすると、移動平均線の出来上がりです。

25日移動平均線、75日移動平均線、13週移動平均線なども作られ方の基本原理は同じです。

実際の読み取りにおいては、移動平均線の傾きを見ることが基本です。

移動平均線が右肩上がりであれば上昇相場、右肩下がりであれば下降相場、水平であれば横ばい相場です。

また、ローソク足との位置関係も重要です。移動平均線よりもローソク足が上にあれば、上昇相場。移動平均線よりもローソク足が下にあれば、下降相場。そして、移動平均線とローソク足とが重なっていれば、横ばい相場です。

短期トレードが中心であれば、5日移動平均線をメインで使います。

中期・長期トレードであれば、それぞれ25日や75日移動平均線などをメインに見ていくことになります。

ただし、どれか1つだけを見れば良いわけではありません。状況に合わせて使い分けていくことも必要です。

個人投資家がすべきチャート分析とは

投資をする場合、まず自身の投資スタンスを確立する必要があります。

相場分析手法は、チャート分析とファンダメンタルズ分析の2つに大別できます。

ファンダメンタルズ分析は、分析項目が多く売り買いの判断をするには、一定以上の勉強と投資経験が必要になります。

これに対して、チャート分析は、見た目にも分かりやすく、多くの投資家に人気のある手法です。

歴史は繰り返すといいますが、相場でも同じです。つまり、ロウソク足やそのパターンを見ることで、今後どのような値動きをしそうか、予測することが可能です。

まず、ロウソク足は、4本値を使用し、ロウソクの形で表したものです。

4本値とは、始値・終値・高値・安値のことです。

始値よりも終値の方が高いものが陽線で、白色で表されます。

これとは逆に、始値よりも終値の方が安いものが陰線で、黒色で表されます。

高値はロウソク足の上に線、いわゆるヒゲとして表示され、安値はロウソク足の下にヒゲとして表示されます。

また、高値と終値が一致した場合には、ヒゲはありません。始値と安値が一致した場合も同様です。

それから、ロウソク足には、日足、週足、月足と年足があり、投資期間に合わせて使い分けます。

始値と終値の差が大きく、縦長な陽線となった場合には、相場は強いと判断します。

ただし、縦長すぎる場合には、株価が上がりきったことで、翌日、大きく値を戻すことがあるので、注意が必要です。

陰線でも同様です。始値と終値が同じ場合には、寄引同時線などと呼ばれ、相場転換を示唆します。

1本1本のロウソク足を見ることは大切です。しかし、2本組にして見ることで、投資精度を高めることができます。

例えば、ロウソク足とロウソク足との間に隙間のできることがあります。

この隙間を窓といい、株価が上昇、または下降する際に、壁として機能することがあります。他にも、孕み線、包み線、かぶせ線など、多様な種類があります。