移動平均線とは

全てのトレーダーが知っているといっても過言ではない指標の1つが、移動平均線です。全員が知っているからこそ、移動平均線についての理解は、トレーダーにとって必要不可欠です。

まず、移動平均線とは、一定期間の終値の平均値をつなぎ合わせ線にしたものです。

一般的にローソク足を見ることが多いですが、移動平均線を使用することで、相場の流れをより把握しやすくなります。

ローソク足では一日一日の株価の動きを知ることができます。

移動平均線では5日間、25日間、75日間と、一定期間内での株価の動きを知ることができます。つまり、ローソク足を俯瞰したものが移動平均線です。

チャート分析では、これらローソク足と移動平均線をセットにして分析することが重要です。

例えば、5日移動平均線では、1日目から5日目の終値の平均を5日目の値とします。

続いて、2日目から6日目の終値の平均を6日目の値とします。

この計算を繰り返し、それぞれの値を線で結びます。そうすると、移動平均線の出来上がりです。

25日移動平均線、75日移動平均線、13週移動平均線なども作られ方の基本原理は同じです。

実際の読み取りにおいては、移動平均線の傾きを見ることが基本です。

移動平均線が右肩上がりであれば上昇相場、右肩下がりであれば下降相場、水平であれば横ばい相場です。

また、ローソク足との位置関係も重要です。移動平均線よりもローソク足が上にあれば、上昇相場。移動平均線よりもローソク足が下にあれば、下降相場。そして、移動平均線とローソク足とが重なっていれば、横ばい相場です。

短期トレードが中心であれば、5日移動平均線をメインで使います。

中期・長期トレードであれば、それぞれ25日や75日移動平均線などをメインに見ていくことになります。

ただし、どれか1つだけを見れば良いわけではありません。状況に合わせて使い分けていくことも必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です