ボリンジャーバンドとは

ボリンジャーバンドとは、ジョン・ボリンジャーという方が生み出したチャート分析となり、株や為替の勢いを知るための目安となります。

株取引をしている方で、これまでボリンジャーバンドを活用していないという方は、見方を覚えることで取引を有利なものとすることができるので、ぜひ見方を覚えたほうが良いでしょう。

チャートの中にローソク足と呼ばれる値動きを表示しているものがあり、その他に7本のラインが引かれている線がボリンジャーバンドとなります。

一番真ん中の線が移動平均線、その上下の線が±1シグマ、次に±2シグマ、±3シグマと分れています。

株価が±1シグマ内に収まる確率は68.3%、±2シグマ内に収まる確率は95.5%、±3シグマですと99.7%の確率となっています。

これらのボリンジャーバンドの動きにはスクイーズ、エクスパンション、バンドウォークと3つの動きがあります。

まずスクイーズですが、ボリンジャーバンドが狭くなっている時に表現され、値動きが少ない状態に起こりやすいです。一気に上昇か下落する力を溜めている状態とも言われているので、大きなチャンスでもあり、大きなリスクを生じる恐れもあります。

初心者の方はスクイーズの場合は様子を見て取引を行うようにしたほうが良いでしょう。

エクスパンションはボリンジャーバンドが上下に大きく広がった状態のことを言います。

ボリンジャーバンドはスクイーズとエクスパンションを繰り返していくので、エクスパンションが起こった時にはバンドの開き具合を確認して取引を行うかを判断材料とします。

最後にバンドウォークですが、バンドに沿う値動きをバンドウォークと呼びます。

バンドウォークはエクスパンションが起こった時に現れ、株価の上昇、または下降エネルギーが強いと考えられます。

例えば上昇トレンドでバンドウォークが見られた際には、その一つ下のバンドに株価が近づいた際に買いを行う事で、利益を出しやすくなります。

+2シグマに沿って推移している時は、株価が+1シグマ付近に来た時に買う事で、より堅実なトレードが出来る、という事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です