一目均衡表とは

プロからアマまで多くのトレーダーに人気のあるチャート分析指標といえば、一目均衡表です。

株式評論家の細田悟一氏が一目山人というペンネームで発表した指標として有名です。

一目で株価の均衡状態を捉えることができることから、この名前がつきました。

一目均衡表では、基準線、遅行線、転換線、先行スパン1、先行スパン2、雲が表示されます。

基準線は、過去26日間の最高値と最安値の平均値で、相場の大勢を示します。

遅行線は、その日の終値を26日遅らせて表示したものです。

転換線は、過去9日間の最高値と最安値の平均です。

先行スパン1は、基準線と転換線の中値を26日先行させたものです。

先行スパン2は、過去52日間の最高値と最安値の平均を26日先行させたものです。

転換線が基準線を下から上に突き抜けることを好転。

上から下に突き抜けることを逆転といいます。

それぞれ買い転換、売り転換とも呼ばれ、移動平均線でいうゴールデンクロスやデッドクロスと似ています。

雲は抵抗帯とも呼ばれ、先行スパン1と先行スパン2の間に網掛けをして表示される部分のことです。

雲の上にローソク足がある時には相場が強い、下にある時には相場が弱いと判断します。

雲が厚い場合には、過去に多くの売買がその価格帯で行われたことを示し、文字通り、抵抗帯として機能します。

例えば、雲の下で株価が推移している場合には、雲が抵抗帯となり、株価が押し戻されることが多いです。

逆に、雲が厚いにも関わらず、株価が雲を下から上に抜けた場合には、相場が強いことを意味します。

つまり、雲を抜けたことで、トレンド転換の起きたことが分かります。逆もまた然りです。

遅行線が株価を抜いた場合には好転。下回った場合には逆転と判断します。